これからも信頼を大切に、「当社と関わる全ての人を幸せに」できる様、社員全員で安心のリフォームをお届け致します

***
お問い合わせはこちら お見積りの方もご相談ください
  • 最近の施工事例
  • お風呂

    費用:120万円

    工期:6日

    北区滝野川

  • キッチン

    費用:103万円

    工期:3日

    北区滝野川

  • 洗面所

    費用:14万円

    工期:1日

    板橋区東新町

過去の施工事例

豊島区・板橋区のリフォーム会社スマイルユウは、安心してご依頼頂けるよう親身に相談を伺い、信頼を大切にしています

施工箇所から全体を診る 建築士によるリフォーム

当社のホームページをご覧いただきありがとうございます。

妻と2人で始めたリフォーム会社は、現在社員10名ほどに増え、
お陰様で年間500件以上の建物のリフォームに関する
問題解決に日々取り組むことができるようになりました。

「スマイルユウと関わる全ての人を幸せにする」という理念は
仕事の依頼をしてくれるお客様だけでなく、工事をして下さる職人さんや、
お客様にサービスを提供する社員とその家族と位置付けています。

私にとって「一級建築士」という資格は並々ならない思いで得たものです。
利益率が高いとか、売り上げが良い工事だけではなく、他では出来ない工事や
難しい工事なども積極的に行い、専門知識と経験を生かした
「建物のリフォーム」に特化した業務で、これからも感謝の心を込めて、
地元地域の皆様のお役に立っていきたいと思います。

一人の人との出会いが人生を変えた。

私は高校卒業後、自分からしたい仕事が無く就職活動にも悩んだままでした。
しかし、このままではいけないと、父親の勤めている基礎工事会社で働くことになりました。
建築の基礎の杭を打つ専門会社で、現場は月に2,3件。
仕事は楽しく、興味をもって働いていました。
現場をこなす日々が続いたある日、ゼネコンの工事責任者の人と会いました。
私は「この基礎の上にはどのような建物が建つんですか?」と質問しました。
まだ10代の私の、純粋な質問でした。

そこで見せてもらったものは、1日刻みのスケジュール、びっしりと書かれた工程表、
設計図や完成図など資料の数々。
「自分たちが作った基礎の上にこんなビルができるんだ」と初めて知った瞬間でした。
その後も基礎の現場を続けましたが、思うのはあの日見た完成図でした。
まだ基礎だけの何もない空間を見上げては、何度も完成イメージをなぞりました。

「建物造りに挑戦したい」という気持ちが芽生えると、それは抑えられなくなりました。
あれだけ就職に悩んでいたのに、私に初めて沸き上がった情熱でした。

それでも、基礎工事会社を辞めることは、大きな葛藤がありました。
親や、自分を受け入れてくれた社長を思うと簡単ではありませんでした。
しかし、そんな自分に「やる気があるならやってみろ」と背中を押してくれたのは
他でもなく父や、社長、そしてその後自分の先輩となる工事責任者でした。

私は多くの人に背中を押してもらい、憧れの気持ちいっぱいに
建築工事をするゼネコン会社に転職できることになりました。

憧れで入った世界で私にできる仕事が何もなかった

希望どおり何とか建設会社に勤めることが出来ましたが、現実は厳しい状況でした。
建築の経験はゼロ。建築の学校も出ていなければ勉強をしたこともありません。
その中に飛び込んだ私に仕事らしい仕事はありませんでした。
私のする仕事は工事現場での「そうじ」でした。
というより「そうじ」しか自分にできる仕事はなかったのです。
早く建築に関係する仕事をしたいという気持ちと、
なんで毎日「そうじ」ばかりしなければならないのだろうと言う悔しい気持ちで、
建物を造るという希望に満ち溢れていた私の気持ちは打ち砕かれてしまいました。

それでも自分が憧れで飛び込んだ世界で、諦めてはいけないとおもい、
なんとか踏ん張って、そんな日々を2年続けました。
辛い2年間でしたが、少しずつやっていけば、いつか報われると信じていました。

そんなある日、 ある一人の先輩から声を掛けられました。
ついに自分にも「そうじ」以外の仕事を やらせてもらえるチャンスが来た!と思って話を聞くと、
「君には建築の仕事は無理だよ」「建築の仕事を甘く見ては困る」「早くやめた方がいいよ」の言葉。
「知識のある人ばかりなのに、君と同じようにみられてしまうのは迷惑だ」と。

本当に悔しい思いをした事を今でも鮮明に思い出します。
基礎工事の経験しかない自分は「建物を造る」 建築の仕事は無理だったのだろう、
考えが甘すぎたんだ、と自分の心に言い聞かせることにして会社をやめようと思いました。

そして、 私をこの建築会社に導いてくれた先輩に相談したら、こんな言葉をかけられました。
「君は何を諦めたことを言っているんだ、
それなら徹底的に努力してお前にそんなことを言った連中を見返してやればいいじゃないか」

その言葉に私は目が覚めたのです。思えば自分は2年間どんな努力をしたのか。
よーし、やってるぞ!と自分の心に強く誓ったことを今でも忘れません。
そして決意したのです。誰にも負けない建築の専門家になってやろう、と。

まずは、「二級建築士」が第一目標でしたが、専門学校も出ていない自分には、
実務経験7年を経なければ受験資格すら得られませんでした。
知った時には愕然とし、大きな衝撃を受けましが、もう後戻り出来ない自分がいました。

その後5年間は仕事と勉強に一生懸命取組みました。仕事も誰より朝早く行き、夜は遅くまで残り、
帰っても借りてきた本で勉強を続け、これ以上出来ないというほど頑張りました。
そうして徐々に「そうじ」以外の仕事も任さてもらえるようになった5年後に二級建築士試験を受験し、
1回で合格することができました。辛い気持ちが喜びに変わった瞬間でした。

二級建築士になってからは一人で工事現場を任せられるようになり、
さらにその5年後に一級建築士試験にも一回で合格し、その後も
「一級建築施工管理技士」「二級土木施工管理」など様々な資格を取得しました。
気が付くと社内では仕事の力量、資格や技術すべての面でトップとなり、
会社で請け負う工事のなかでも難しい大型物件や、専門技術を要する官庁工事を
専門に任されるようにまでなりました。
二級建築士を取った時には喜びが大きかったですが、
一級建築士となった時には、この資格の持つ大きな社会的な責任に気付かされました。

そうして19歳から41歳までの22年間、建物を造る仕事を日々続けることになりました。
建物の種類としては木造住宅から鉄骨構造、鉄筋コンクリート構造の建物まで、また個人住宅から共同住宅まで
さまざまな建物の新築工事や改修理工事の建築設計、建築施工を手掛け、多くの皆様から感動や喜びの声を頂くこと
が出来ました。私は仕事を通じて多くの方々に喜びを与えることを心より誇りに思い、
建築の仕事に係る事が出来て本当に幸せな気持ちでした。在籍中に勉強を続け様々な資格を取得し、
建物に関することならどんなことでも「私が全て解決します」と自信をもって仕事に取り組んでいました。

スマイルユウ立ち上げと、一人のお客様が教えてくれたこと

その後順調な毎日が続いていましたが、バブルの崩壊により世の中の仕組みが一変し、
私の勤めていた建設会社も同様に倒産の危機に直面し、大好きな仕事でしたが
収入の途絶える可能性がある不安の中で続けるか、思い切って自らが会社を設立し
多くの皆様に喜んで頂ける仕事をするかという選択をすることになり、
困難な道のりになることを覚悟の上で、建築を行う会社を設立する事を決断し、
晴れて建築を行う会社「スマイルユウ」を設立しました。

多くの皆様に喜んで頂くことを決意し希望に満ちたスタートをした
「スマイルユウ」でしたが、世間はそれほど甘くないことにすぐに気づかされました。

技術や仕事に自信があっても、 仕事はそんなに簡単には依頼されないということです。
仕事が無い日々が続き、家に帰り、妻や3人の子供達の顔を見ては
自分のした選択は間違っていたのでは、と思ったりもしました。
何とか続けられていたという状況でしたが、もうこれでダメかもしれないという危機が幾度もありました。

そんなある日、一人のお客様から
「リフォームに失敗してしまったので相談にのってほしい」と電話が入りました。
詳しくお話を伺うと、 数年前にリフォームをしたが雨漏りが再発したとのことでした。
数件のリフォーム会社に相談をしたが、どの業者も話の内容は以前工事をした
リフォーム会社と同様で、詳しい説明をしてくれず、困っている…とのお話でしたが、
電話が終わる頃には、建築の専門家「一級建築士」に詳しく話が聞けて
本当に安心したと言ってくださいました。

私からしたら当然のことで、問題点があれば建築の専門家として
その状態を分析し詳しく説明することは特別なことではありませんでした。
それよりも一人の建築の専門家として何とか
この方の力になりたい、との気持ちで一杯でした。

その時、私は本当に一人の困った方の役に立てて良かったという気持ちと、
自分は何でこの仕事を始めたのか?と、この仕事を始めた原点を見つめ直しました。

建築の専門家になろうと決意した日のこと、 建築の専門家として
多くの建物を造り、建築に関することなら誰にも負けないよう
がむしゃらに勉強し働いてきたこと。
私にしか出来ない仕事とは、 建物を通じてもっと多くの事を
多くの方々に解りやすく、建築の専門家としてお伝えすること
なのだということを、
リフォームで失敗してしまった一人のお客様から気づかされたのです。

そして新たな再スタートをする決断をし、心に誓いました。
他の業者で直せなかった問題も対応できる技術をもつ「リフォーム専門店」として
再スタート
しようと。そして、リフォームを通じて
「スマイルユウと関わる全ての人を幸せにする」を理念とし、
お客様だけではなく、職人さんや、社員とその家族も皆を幸せにしようと。

それからは、妻と二人で毎月公共施設での無料リフォーム相談会を実施したり、
ご近所の皆様に手作りのチラシを手配りしながら、リフォーム専門店として、 寝る間を惜しんで仕事に励みました。
仕事が大変だなあと思う間はなく、仕事を依頼してくれる皆様に感謝の気持ちで一杯でした。
それからは徐々にリフォームの依頼を頂けるようにもなり、現在はまだまだ知名度も少なく10名程度の会社ですが
地域の皆様のお役に立てるようになりました。

スマイルユウが信頼を大切にする理由

私はこれまでを振り返り、多くの方の支えがありここまで来れました。人との出会いはとても貴重で、大切なものです。
私たちリフォーム会社はお客様から見ると「工事会社」と「お客様」ではありますが、「人」と「人」の
人間関係であることに他ありません。
だからこそ「信頼」が大切であると思っています。
私はスマイルユウの理念を通して、社員全員ともこの思いを共有しています。

リフォーム工事は現場で職人さんが商材を加工組立して初めて完成する作業であり、お客様は契約時点においては
未完成な状態でどの会社に依頼するのかを決めなければならない為に多くの不安があります。
また工事期間中も住みながらのリフォームとなるので、何かと生活にご不便をおかけすることもあります。
それにも関わらず多くのお客様は、工事の職人さんに対して心遣いなどもしてくださり、いつも親切に接して頂いて、
私どもはもちろんスタッフ、職人共々やりがいのある仕事をさせて頂き心より感謝申し上げます。

おかげ様で現場ではケガや大きな事故もなく、リフォーム工事を仕上げてお引渡しをすることが出来ております。
これも、リフォーム工事を依頼してくださった多くのお客様のご協力があってこそです。
ご依頼くださったお客様が気持ちよく快適に生活して頂ける住まいになればいいなと心から願っております。
またそう思っていただければ、私どもとしてもこんなに嬉しいことはありません。

無料のリフォーム相談会は現在も毎月継続し、正しいリフォームについて多くの方に分かりやすくお伝えできるよう
努力しております。これからも、皆様に喜んでいただけるリフォームをお届けします。
長い文章となりましたが最後までお読みいただき、ありがとうございました。改めまして感謝申し上げます。

リフォームの正しい知識をお伝えするセミナーを定期開催しています

スマイルユウは月に1度、最寄りの公共施設でリフォームセミナーや個別相談会を開催しています。
セミナー後の営業は一切ありませんので、ご安心してお越しください。

10/7日

10:00 ~ 16:00

豊島区南池袋2-34-5
藤和第2ビル3F
302会議室

  • 個別相談会10:00 ~ 12:00
  • 外壁塗装セミナー13:00 ~ 14:30
  • 防水工事セミナー15:00 ~ 16:00
それぞれの施工事例が見られます ご相談は無料です。理想の住まいについてお気軽に私たちへお話し下さい。
  • 上へ
  • 対応エリア